失敗しないために!家具レンタルを利用する際の注意点

失敗しないために!家具レンタルを利用する際の注意点

机とソファー

レンタル前に確認すべきこと

家具レンタルを利用中に引っ越しをする必要が出てくる場合があると思います。そのような時に家具を引き続き利用できるかどうか必ずチェックしておきましょう。

部屋

契約中に注意すべきこと

レンタルした家具は、後々他の契約者も使用することになります。万が一壊してしまった場合は、弁償する必要が出てきます。そのためキズをつけたり壊したりしないよう大切に扱いましょう。

室内

契約満了時に確認すべきこと

契約期間よりも長く使用する必要が出てくるケースも少なからずあります。そのような時は延長すると思いますが、料金がどれくらいかかるのか、また、最大どれくらい伸ばすことができるのか確認してください。

リースとレンタルの違い

リース

依頼者が長期利用する場合に、必要な商品を選定し、業者側がその商品を買います。そのため新品の状態で搬送されます。

レンタル

短期間利用する場合に適したサービス形態です。リースより比較的料金が安いのが特徴です。リースの際は業者側で修理をしてくれない場合が多いですが、レンタルだと修理してくれることが多いです。

広告募集中